** パフォーマンス中 **

キャンプファイヤー!

眼下にひろがる甲府盆地:スリーストーンキャンプ場から

眼下にひろがる甲府盆地:スリーストーンキャンプ場から

この週メディアをザワつかせていた大型台風14号(チャンホン)は
10(土)夜半じゅうに千葉県沖に去り、
当日は台風一過の秋の好日となりました。

正面には富士山も

正面には富士山も

現地で昼食を済ませ、早速機材を展開し設営を行いました。
今回はこぴっとグラスPA研究会を発足してから初のステージ。
実はコロナウイスル騒ぎでお蔵入りとなった「音楽会」用に準備した、
機材やプランを検証する機会となった訳です。

素人バンドとは思えない機材。

素人バンドとは思えない機材。

セッティング、チェック中。

セッティング、チェック中。

おもなプラントしては、マルチマイクとライン録音です。
N澤氏の入念な準備計画の中、
日も暮れかけた18時過ぎから、はたして開演となりました。

秋の虫がうるさいステージでした。(笑)

秋の虫がうるさいステージでした。(笑)

夜景となるとこんな感じ。

夜景となるとこんな感じ。

当初は40〜50分程度のメインステージと
あわよくば余った時間でミニステージを考えての
セットリストを準備したのでしたが。

Folk系3人ユニット

Folk系3人ユニット

メインの前にステージが寂しいからと急遽演奏を依頼され、
ミニステージ用のセットリストを前だおしに演奏することに。

夜景を脇目に

夜景を脇目に

そして正規の次第通りにメインステージを終え、
さあ、飲むぞとさっさと楽器を片付けたところ、
後に控えていたベリーダンスが早めにおわった。

ベリーダンスのお姉様方

ベリーダンスのお姉様方

え、時間あまった?・・やっぱやるの。
用意した余り時間のネタはプレステージで済ませたじゃん。
ということでリハ用、万が一のアンコール用もひっくるめ、
なんとか見繕ってみたびステージ上へ。

Old Time系3人ユニット

Old Time系3人ユニット

さあ、こんどは飲むぞ〜!
すると主催者からもう一盛り上げしてもらえるとお肉が完売すると思うんだけど、
・・と訳の分からない要請が。
ベリーダンスの音響担当のおにいちゃんからも、
「みなさんの音楽イッスヨ、またキキタイッスヨ」とせがまれ。
S野っちの一声でと、よたびステージへ。

夜がふけるにつれ会場も盛り上がり

夜がふけるにつれ会場も盛り上がり

イーツ・ブースも繁盛

イーツ・ブースも繁盛

すでにネタが尽きているので全部二回目の曲でセット。
まあ、オーディエンスも酔っているので何をやっても大丈夫な状態の中でした。
そもそもブルーグラスを素人さんに聞かせると全部同じに聞こえる。
・・というブルーグラスあるあるなのですが・・。

終わった。さあ、ぜったい飲むぞ。
・・とつまみの焼き鳥買いに行ったら売り切れてました。

PAブースではN澤氏が奮闘中

PAブースではN澤氏が奮闘中

ここのところ演奏機会がなくて、不完全燃焼気味だったので、
ともあれ4っつもステージあがれてやりきった感はありました。
貴重なライン録音も出来ていたみたいで、この成果も楽しみな演奏でした。

最後に開場となったスリーストーン・キャンプ場。
富士山と甲府盆地の景観が素晴らしいキャンプ場です。
主催スタッフの皆さんも親切で優しい人達でした。
みなさんお疲れ様でした。

参加してくれたお客さんもみんなありがとう。

世話役K藤、O黒氏、O田氏

世話役K藤、O黒氏、O田氏

YMBs 〜怒濤の40曲〜 in 滝沢牧場

八ヶ岳マウンテンボーイズ
右からギター吉田コーセイ、ベース成澤 康
バンジョー福沢武雄、マンドリン岩下 寛

只今令和2年10月10日(土)14:33
5日に発生した台風14号が今だ紀伊半島の南方にあり、
今日もだらだらと雨が降っています。

taifu14

この台風の発生に刺激を受けた秋雨前線下で滑り込みセーフで、
八ヶ岳マウンテンボーイズによる活動中止前追加コンサートが、
お馴染みとなった野辺山「滝沢牧場」で行われました。

IMG_5429

バンマス、コーセイさん曰く「今日、弾ききる」の意気込みの中で、
5ステージに及ぶ幕は切って落とされました。
30分おきの5ステージってアイドル並みですね。
・・アイドルのステージ見たこと有りませんが。(^_^;

一番上の案内板、どうしても「ヤキ鳥」に見えてしまう。

一番上の案内板、どうしても「ヤキ鳥」に見えてしまう。

お天気も何とか持ちこたえ、本当にお疲れ様でした。
また演奏に混ぜていただきありがとうございました。
コーセイさんも思い残すことなく、次のライフプランに向け
準備を始めることでしょう。
成ちゃん、福ちゃん、寛くんもネクストステージの幕開けです。
どうか頑張ってください。
素敵な音源が届くのが楽しみです。

もっと接近したかったです。

もっと接近したかったです。

自分としてはそんなYMBsのみなさんに記念の演奏動画を残そうと、
滝沢さんに頼んでステージ上空からドローン撮影を試みたのですが、
大ボンミスにより撮影失敗し、週明け2〜3日凹んでいました。(;。;)
テスト飛行中の素材の中から、ステージ方向のシーンだけが唯一の慰めです。

滝沢牧場全景。曇りがちの天気でしたが・・。

滝沢牧場全景。曇りがちの天気でしたが・・。

解散では無く、活動中止と言うことなので、
いつか再開も有りの、たまにメンバーがそろえば
聞ける楽しみも、一緒にプレイする楽しみも残っているということです。

Jam:Roll In My Sweet Baby's Arms

Jam:Roll In My Sweet Baby’s Arms

さて、こぴっとグラスとしては昨年5月ににわか雨で中止となってしまい、
さらに今年リベンジを果たすところが新型コロナウイスルの感染騒ぎで、
延期が続いていたスリーストーンでの演奏。

jam:Foggy Mountain Break Down

jam:Foggy Mountain Break Down

先月10/11(日)での開催の目処が立ったことで準備を進めてまいりましたが、
今度はこの台風14号の影響下、微妙な状態となっている今日現在です。
これまでの天気予報では、明日の午前中に太平洋を南下し、
影響が弱まるとのことで、このまま行けば開催です。
台風一過の秋空の元でスッキリと演奏したいものです。

♪ご案内はこちら。

「いつまでもあると思うな親とYMB’s」の真実

200914Ymbs_palm0

さる9/12(土)夕刻、お馴染みパーム鈴木のライブハウス。
北杜市長坂町パームスプリングにて10ヶ月ぶりに、
八ヶ岳マウンテンボーイズによるライブが行われました。

200914Ymbs_palmKY

巷の感染予防対策が騒がれる中、中央方面で若干
イベント開催関連の制限も解除あり、
パーム鈴木氏により待ちに待った開催を叶えてくれました。
そのタイトルは「いつまでもあると思うな親とYMB’s」

十数坪の会場内にて、人数制限によるソーシャル・ディスタンス。
オーディエンスはマスク着用、
また出演するYMBs自ら衛生予防対策担当者を
ベース成ちゃんに選任させ入念なアルコール消毒が
ライブ・パフォーマンスの一貫として行われました。
・・オオゲサカ(^_^)

Banjo福ちゃん、エンジン全開!

Banjo福ちゃん、エンジン全開!

この意味深とも言えるタイトル。
はたして30分ステージが都合3ステージ、
10〜15分間隔で繰り広げられ、
熱の入りようが観ている我々を大いに圧倒。

岩下 寛

マンドリン:岩下 寛
切れ切れのマンドリン演奏

特筆すべきは岩下寛のマンドリン演奏。
確かに国内にも指が早く動く方はいらっしゃいますが、
リズム、フレーズ、ブライトネスがシンクロしているかと言えば、
この夜の彼は誰かが取り付いていたのかな〜(^_^;
・・なんて思うほど冴えていました。(拍手)

・・・と私は感心して聴き入っていました。
山梨にこんな若手が居るとは知る人知るでしょう。

成澤 康

ベース:成澤 康
楽器を抱えてボーカルにコーラスに割り込んできます。

そのステージですが、結成当初のレパートリーやら、
新曲ややらでおよそ24〜25曲程は演奏されました。
ラストステージのアンコールは全部で4曲。
30分×3回+4曲のおおいにホットなライブを聞かせてくれました。
バンマスこーせいさん最年長、
ベース成ちゃんこのステージで還暦が発覚。
バンジョー福ちゃんもそれなりのお年頃、
寛も三十路?
合わせて200歳超、200年日本史遡ると江戸幕府11代将軍徳川家斉の時代です。

福沢武雄

バンジョー:福沢武雄
今夜もソロといいフィルといい冴え渡る

後半こーせいさんより業務連絡と言うことで、
11月より単身沖縄に居を構えるそうで、
YMBsの活動は一旦終了という、
これまた、センセーショナルな内容を淡々とした口調で発表されてました。
演奏に熱も入る訳だよね〜。
「いつまでも・・」タイトルの意味が理解できたでしょうか。

彼のライフプランなのでけして残念な事ではありません。
そしてYMBsスピリッツはしっかり若い寛が受け継いでいると、
今後の山梨のブルーグラスは寛の双肩に委ねたと、
確信したからこそ決心をしたのだと、私は思っています。
まあ八ヶ岳を完全に引き払ってしまう訳でも無いようですし。(^_^)

オーディエンスのSちゃんが、沖縄は俺見たいのばかりだぞって、
笑いをさそっていたけど、そりゃア沖縄の皆さんに失礼でしょう。

吉田コーセイ

ギター:吉田コーセイ
実は山より島が似合う

と言うことで、実はラストステージだったのかな〜。
メンバー皆さん、お疲れ様でした。
オーディエンスの皆さん、ありがとうございました。
パーム鈴木さんご苦労様でした。

アンコールにまぜてもらいました。

アンコールにまぜてもらいました。

『八ヶ岳マウンテンボーイズ』フォーエバー
こーせいさん GOOD LUCK !
パームスプリング Thank You !
たくさんの思い出ありがとう。

でも・・、
行く行くって言って行かなかった奴もいるしな〜

梅雨のスキマにコピッと

12345993745812

日本列島、長い梅雨が続いております。
みなさんカビてないでしょうか。(^_^)

『こぴっとグラス-#52-7月の会』は今回も滝沢牧場にて、
八ヶ岳マウンテンボーイズ公開練習会に便乗して開催。

IMG_4346

前夜からの雨の中、開催かと思いきや、
雨雲の間に青空が見える中開催する事が出来ました。
今回は雨じゃなかったらステージにPAをたてて行おうと言うことで、
本当に久しぶりマイクの前での演奏が行えました。

IMG_4352

仲間内の他にも牧場に訪れていた観光のお客さんも
足を止め、ベンチから聞いてくれていました。
みなさんの前で演奏することが出来て楽しいステージを行えました。

IMG_4348

午前中はバンド、ユニットごとでステージへ向けての練習。

IMG_2744

まぶしい陽射しの中での演奏はそろそろ夏を感じます。

滝沢さんのご厚意で8月の会も同じように行えそうなので、
別に開催の掲載をしますので、
ご用とお急ぎでない方々、
8月は涼しい野辺山高原「滝沢牧場」にて、
ブルーグラスなひととき、涼みに来てください。

IMG_4361

次回「こぴっとグラス-8月の会」開催は8/9(日)の予定です。

甲府はミラクルな盆地だった。

IMG_1292

ブラタモリで甲府が取り上げられました。
番組では甲府はミラクルな盆地だということです。
「ミラクル盆地」ってイイ語呂ですね。(^_^)
いーよねータモリ、NHKと言うだけでリニアモーターカーに試乗できるんだから。
自分もう2回も申込みハズれてます。
武田信玄の治水のはなしや。
地質学的に類い希な環境の甲府盆地だったこと。
正に試練だらけの甲府盆地、山梨県、そしてこぴっとグラス。
と言うことですね。

57083486_1549746851822505_

去る4/13サタデーナイト、MEET THE LIVE Vol.74に参加しました。
オープンマイクというイベントも良いけど、
今回の「MEET THE LIVE」という開催のコンセプトも良いです。
ともに練習会はするけれどステージ出演となるとまだハードルが高い。
などと思っているバンドにはうってつけの開催だと思います。
同じような志のグループが毎回30分程度の持ち時間を消化する。
お互いステージやライブ一歩手前での状況を聴き合って、
PA環境やステージマナーに慣れていくことで、
コンサートやライブでのパフォーマンスを高めることが出来る訳です。

今回共にしたのは、
ウクレレ仲間の「うかうかlike to sing」

うかうかlike to sing

うかうかlike to sing

Time Limit 30(photo by やな)

Time Limit 30(photo by やな)

自分たち「Time Limit 30」ブルーグラス
バンド「ハッピーヘッズ」はオリジナルソング

ハッピーヘッズ

ハッピーヘッズ

B.P.B

B.P.B

デュオ・ウクレレ&ベース「B.P.B」
そしてホストバンド「マイルストーン」

マイルストーン

マイルストーン

コスト、パフォーマンスともにちょうど良い。
そんな感じのイベントです。
Vol.74・・て毎月やったとして、もう6年も続いているんですね。
継続は力なり。(^_^)
Time Limit 30も継続しましょう。(^_^;

IMG_1282