** こぴっとグラス **

キャンプファイヤー!

眼下にひろがる甲府盆地:スリーストーンキャンプ場から

眼下にひろがる甲府盆地:スリーストーンキャンプ場から

この週メディアをザワつかせていた大型台風14号(チャンホン)は
10(土)夜半じゅうに千葉県沖に去り、
当日は台風一過の秋の好日となりました。

正面には富士山も

正面には富士山も

現地で昼食を済ませ、早速機材を展開し設営を行いました。
今回はこぴっとグラスPA研究会を発足してから初のステージ。
実はコロナウイスル騒ぎでお蔵入りとなった「音楽会」用に準備した、
機材やプランを検証する機会となった訳です。

素人バンドとは思えない機材。

素人バンドとは思えない機材。

セッティング、チェック中。

セッティング、チェック中。

おもなプラントしては、マルチマイクとライン録音です。
N澤氏の入念な準備計画の中、
日も暮れかけた18時過ぎから、はたして開演となりました。

秋の虫がうるさいステージでした。(笑)

秋の虫がうるさいステージでした。(笑)

夜景となるとこんな感じ。

夜景となるとこんな感じ。

当初は40〜50分程度のメインステージと
あわよくば余った時間でミニステージを考えての
セットリストを準備したのでしたが。

Folk系3人ユニット

Folk系3人ユニット

メインの前にステージが寂しいからと急遽演奏を依頼され、
ミニステージ用のセットリストを前だおしに演奏することに。

夜景を脇目に

夜景を脇目に

そして正規の次第通りにメインステージを終え、
さあ、飲むぞとさっさと楽器を片付けたところ、
後に控えていたベリーダンスが早めにおわった。

ベリーダンスのお姉様方

ベリーダンスのお姉様方

え、時間あまった?・・やっぱやるの。
用意した余り時間のネタはプレステージで済ませたじゃん。
ということでリハ用、万が一のアンコール用もひっくるめ、
なんとか見繕ってみたびステージ上へ。

Old Time系3人ユニット

Old Time系3人ユニット

さあ、こんどは飲むぞ〜!
すると主催者からもう一盛り上げしてもらえるとお肉が完売すると思うんだけど、
・・と訳の分からない要請が。
ベリーダンスの音響担当のおにいちゃんからも、
「みなさんの音楽イッスヨ、またキキタイッスヨ」とせがまれ。
S野っちの一声でと、よたびステージへ。

夜がふけるにつれ会場も盛り上がり

夜がふけるにつれ会場も盛り上がり

イーツ・ブースも繁盛

イーツ・ブースも繁盛

すでにネタが尽きているので全部二回目の曲でセット。
まあ、オーディエンスも酔っているので何をやっても大丈夫な状態の中でした。
そもそもブルーグラスを素人さんに聞かせると全部同じに聞こえる。
・・というブルーグラスあるあるなのですが・・。

終わった。さあ、ぜったい飲むぞ。
・・とつまみの焼き鳥買いに行ったら売り切れてました。

PAブースではN澤氏が奮闘中

PAブースではN澤氏が奮闘中

ここのところ演奏機会がなくて、不完全燃焼気味だったので、
ともあれ4っつもステージあがれてやりきった感はありました。
貴重なライン録音も出来ていたみたいで、この成果も楽しみな演奏でした。

最後に開場となったスリーストーン・キャンプ場。
富士山と甲府盆地の景観が素晴らしいキャンプ場です。
主催スタッフの皆さんも親切で優しい人達でした。
みなさんお疲れ様でした。

参加してくれたお客さんもみんなありがとう。

世話役K藤、O黒氏、O田氏

世話役K藤、O黒氏、O田氏

『BANJO TIME!』-1st-

(下段に告知あり)

IMG_5320

7月の滝沢牧場での八ヶ岳マウンテンボーイズ公開練習乗っかり開催後、
2次感染拡大の影響下で8月の会は中止。
そんな状況下で秋以降何か出来ることは無いだろうかと・・。

そこで3密を避け、他のパートには申し訳無かったですが、
人数を絞った、こぴっとグラス・スピンアウト企画として、
『BANJO TIME!』を開催してみました。

 ========= ========= ========= =========
 この曲を似けるようになろう!
 ・・と設定した目標曲:Earl’s Breakdown
 ========= ========= ========= =========
 掛け合いながら弾くのも楽しいし、デュエットも出来る曲。

今回はN澤氏、M屋氏、A宮氏の3名参加の都合4人。
これぐらいでなら気が楽。(^_^)

各自が取り組んでいる練習曲から共通な曲を課題とし、
ソロやバックアップを掛け合いながら弾いたり、
フレーズやリックの指運を解析したりと細かことなど、
これまでのこぴっとグラスでは行えなかった、
個別指導的なことも行え、結構充実感がありました。
・・自分だけか。(^_^;

 ========= ========= ========= =========
 参加者よりこの曲を取り上げてほしい
 ・・ってことで追加課題曲:Nashville Blues
 ========= ========= ========= =========
 マイナー感とスリリングなメロディが特徴、シブイ!

Nashville-Blues

みなさんこれまで弾きたかった曲が弾けるようになれば
良いかなと思いました。

会の締めにDVDの中から数曲を鑑賞し終了。

IMG_5323

《WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN -FARTHER ALONG-》
 ・My Walkin’ Shoes
 ・Love Please Come Home

《ALL★STAR BLUEGRASS CELEBRATION》
 ・Daniel Prayed
 ・Pretty Polly
 ・Rawhide

【告知】
さる9/12(土)パームスプリング・ライブにおいて
活動中止を発表した八ヶ岳マウンテンボーイズが
10/4(日)弾き納め演奏を行います。
会場は長野県野辺山「滝沢牧場」
詳細はFaceBoookをご覧下さい。

https://www.facebook.com/Yatsugatake.Mt.Boys/

『谷五郎/笑ってください60分』を皆で一緒に聴いて笑おー会

IMG_5274

とある日、コーセイさんより「谷五郎ショー」のカセットが出てきた。
懐かしいので聞こうと思ったが、せっかくなら鑑賞会を開いてみてはどうか。
・・そんな打診をいただいた。
早速こぴっとグラスに開催案内をしたところ
数人の参加希望があったので開催実現となった訳です。

IMG_5275

谷五郎氏と言えば宝塚フェスにいったときには、
みんなが彼のステージを楽しみにしていた。
お笑いネタでウケて演奏でビシッと決める
あるいは演奏からネタに様変わりする。

しゃべりとブルーグラスを変幻自在に操る
そんなステージ演出が際立った人、あるいは人達が印象です。

まあ、それをそのままメディア化した、
当時はそれがカセットテープ。

vol.3の唯一ラーナーノーツ的な面だけどリストのみ、Vol2には無い。

vol.3の唯一ラーナーノーツ的な面だけどリストのみ、Vol2には無い。

今がネット配信、それ以前ディスク、MD。
さらにそれ以前のメディア。
そんなカセットをよく補完していたコーセイさんだけど、
我が家にそのカセットを再生する〝ラジカセ〟があったのも、
それはそれで・・、自慢する訳ではけして無いが、
都合よく今回の開催に繋がった。(^_^)

「谷五郎の笑って下さい」で検索すると当時の氏のサイトを閲覧することが出来る。
Vol.1が1975年、vol.2が1976年と続き、vol.3が1978年。
60分テープ2本分、休憩入れて2時間超、
飽きもせずしっかりした鑑賞会でした。

カット割りで良いのか、切り替わり繋ぎ合わせ、
差し込みなどや音響も今のコンテンツと比べても遜色無く、
当時の世相や流行、社会状況を随分と良く、
ブルーグラスのリズムにはめ込んで演出したものだと、
あらためて感心させられた、この2本のカセットテープなのでした。

ではどのくらい面白いかったのかお知りになりたいとお思いでしたら、
Youtubeで「谷五郎」を検索した方がさらに面白いコンテンツを
ご覧いただけます。ッテカwww

ショーやライブで必ず売られている、ゴローショウトートバッグ。 2017年朝霧フェスで購入。今時メチャ、役に立っている。

ショーやライブで必ず売られている、ゴローショウトートバッグ。
2017年朝霧フェスで購入。今時メチャ、役に立っている。

『KAIふれあいコンサート』でプロの舞台を体験

IMG_8888

我々ビギナーが、
緞帳が上がり、整った機材のある舞台で演奏を体験することが出来る、
貴重な時間でした。

IMG_8890

普段フロアーでシミュレーションするだけでは、
いざ人前で演奏となるとやはり勝手が違います。

IMG_8889

この『KAIふれあいコンサート』はそんなみなさんのために、
開催してくれ、スタッフも本格的に対応してくれる。
この機会を逃す手はありません。
ど〜んと胸を借り、元気よく楽しく演奏しました。

【今回のセットリスト】

 ・Keep On Suny Side
   唯一女性メンバーK村さんのリードボーカル。
   予め歌いたい曲希望を募ってのリードなので、
   さすが練習成果が出ていました。
   そもそもご本人の声に合った歌なようで、
   自身今回何かつかんだよう、・・かな。
   これを機会にCarter Familyレパートリー広げて欲しいです。
   
 ・Banks Of The Ohio
   このところめきめき実力を付けているI井さん
   今回、唄ってみたいと選んだ、
   マーダーバラードの名曲です。
   ご存じない方、是非ウィキって見てください。
   演奏開けてみれば、彼はギターソロが弾きたかったようです。
   練習したかいがありましたね。
   
 ・I’ll Fly Away
   『こぴっとグラス』の挨拶ソングです。
   よく分からないまま、見よう見まねで唄って来たものを、
   未完成で演奏しました。
   1バース毎4人で歌いました。
   ステージパフォーマンスをフィードバックし
   完成へ向けてブラッシュアップします。
   みんな歌い終わってからキーが高いだの低いだの、
   ・・って最初に言ってくれヨゥ〜。(^_^;
   世話役たっての希望で弾いてくれたS野さんのマンドリンソロ、
   格好良かった、ありがとうございました。

IMG_8891

180916_programさて、この次は更なるステップアップを目指し、来春コンサートを自主開催する事になりました。開催の詳細は後ほどこのブログでご案内します。乞う!ご期待。

ららとこACOナイト

IMG_8943

何のことだかまるで解らないこのタイトル。
“ららとこ”、“ACO”、“ナイト”。
文節にしても全く解らない。(^_^;

面白かったです。オーダーのみで2曲廻し
“オーダーのみで2曲廻し”・・これも解らないだろうな〜
解らないだらけのこの夜に参加してきました。
場所は石和温泉、・・の夜。
解らない上にさらに怪しい。(^_^)

ネタあかし。
毎月第3水曜日の夜、
石和にある「ららとこカフェ」で行われている、
オーダーだけで参加でき、
2曲ずつエントリーが交代する、
アコースティック・ミュージック・フリーセッション。
・・のこと。
最後の方、無理矢理意味を詰め込みましたが。
あはは。

infomation

ジャンルも自由、
自分のレベルを気にすることもなく参加出来て、
上手な人の演奏も間近で聴ける。
さらに人前なので練習の前に実践が付く、
さながらライブ養成教室だ。

ひと廻り目はこの3人

ひと廻り目はこの3人

楽しめてレベルアップ、・・コーヒー一杯で。
ふぎょぎょ、お値打ち!

ふた廻り目、こちらの2人

ふた廻り目、こちらの2人

今回参加したのはS野ッチ、I井さん、Nんちゃん、そして私の4人。
2人で2ユニット構成のつもりでしたが、
お店側からは“こぴっとグラス”ってことで
バーターになってました。
まず月曜日てててTVに参加できず、未消化気味の
Nんちゃん、私がS野ッチにサポート頼んで、
ぶぶぶブルーグラス2曲。
「Blueridge Cabin Home」「Will The Circle Be Unbroken」
2廻し目待っていたら、私がタイムアウトでそそくさと石和駅へ向かった後、
I井さんが持ち歌化を狙う「Banks Of The Ohio」をS野ッチと。
聞いていたNんちゃんが月曜日と違ってたと、
どっちかがすでに酔っぱらっていた訳ですね。

みなさん耳を傾けてくれています

みなさん耳を傾けてくれています

ということで「Vol.6青春の歌」にブルーグラスを
押し込めてしまいました。
次回、ことわられたりして・・。(^_^;